血液内科 | 神奈川県立がんセンター

发布日期:2021-03-05 16:13 来源:网络整理 浏览量:
  • このことから寛解期に移植を受けることが白血病の治癒を得るために重要であることがわかります,慢性骨髄性白血病の病期には慢性期、移行期、急性転化期に分類されます,骨髄液を使って、形態検査、染色体検査、遺伝子検査などを行い、白血病の的確な診断に基づいて適切な治療方法が決定されます,同時に、骨髄や末梢血幹細胞を提供されるドナー(幹細胞の提供者、兄弟姉妹が多いです)に対しても十分な理解が得られるように説明書を用意しています。

    従って、骨髄中のどの種類の白血球がどの成熟段階でがん化したかによって、下記のように白血病は分類されます,慢性骨髄性白血病にはダサチニブやニロチニブ、ボスチニブ、ポナチニブが使用されます,病気を正しく理解していただき、それぞれの患者さんが最も適切な治療を適切な時期に受けられることがわれわれの願いです,また、正常の造血が行われない間は赤血球や血小板などの輸血療法が必須です,急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病では用いる抗がん剤の組み合わせが異なっているため、発病時の正確な診断が重要になります,化学療法や移植の入院中に、40歳代や50歳代の患者さんでも食事の時間以外はずっとベッドで横になっている方もいれば、60歳代の患者さんでも日中はずっと座って過ごされている方もいます,移植後はさまざまな合併症(細菌・真菌・ウイルス感染症、GVHDと呼ばれる免疫反応、重要な臓器の機能低下など)が起こる場合もあり、これらの一部は命に関わることもあります。

    移植方法も一般的な骨髄破壊的前処置による移植の他に、2000年からは骨髄非破壊的前処置(強度減弱前処置)による移植を行い、高齢者患者さんへの移植も可能になりました,他院で治療を受けた後に、同種造血幹細胞移植を受けるために紹介される患者さんも多くいらっしゃいますが、移植の説明を十分に受け理解した上で転院されるように、外来受診時には当科で作成した「同種造血幹細胞移植のご案内」をもとに質問にお答えしています,例えば、急性前骨髄球性白血病にはレチノイン酸(ビタミンAの一種)、フィラデルフィア陽性急性リンパ性白血病にはダサチニブやポナチニブという薬が併用されます, 医療費について 白血病の治療では医療費が高額になることが多いため、院内のケースワーカーに相談されることをお勧めします,通常、複数の抗がん剤を同時に使用します(併用化学療法), 図3.前処置強度別:急性白血病・骨髄異形成症候群の移植成績(2010-2019年) 高齢患者さんや合併症を持っている患者さんに対しては強度減弱前処置として従来の骨髄破壊的移植前処置とは異なる治療を行っていますが、当科の治療はいわゆるミニ移植よりは強く、むしろ骨髄破壊的移植に近い治療に位置づけられています(フルダラビンとメルファランという薬を用いる方法を強度減弱前処置として使用しています),しかし、どの薬でも効果が十分得られないような場合は造血幹細胞移植の適応になります, 医療の進歩にともない、一部の白血病では抗がん剤治療(化学療法)のみで治癒が得られるようになってきましたが、多くの白血病は根治療法としての造血幹細胞移植が必要です,この移植成績からは、単純に年齢で移植適応の可否を決めることが難しいことを示しています,急性骨髄性白血病の一部では白血病細胞に特異的に反応する抗体療法(ゲムツズマブオゾガマイシン)も行われています,また、移植後のQOL(日常生活・人生の質)も極めて重要なポイントですが、ここでは数値で表しやすい生存割合について、移植時病期、移植細胞、前処置強度、年齢別の解析結果を呈示させていただきます, その他の治療 一部のタイプには免疫抑制剤、ビタミンK、ビタミンD、ホルモン剤(ステロイド、タンパク同化ホルモン)が使用される場合もあります,病名を聞いて、驚きと不安を抱えたまま慌しい入院になることも多いのですが、専門のスタッフが丁寧に説明を行いますのでご安心ください。

    当初は血縁者からの骨髄移植が中心でしたが、1992年~骨髄バンクドナーからの骨髄移植、1995年~血縁者からの末梢血幹細胞移植、2000年~臍帯血移植、2013年~骨髄バンクドナーからの末梢血幹細胞移植を導入しています。

    個々の患者さんの個人情報はわからないような形で「検体保存」が行われますが、あくまでも患者さんの自主的なご協力ですので、担当医から説明があった時にご検討をお願いしています。

    また、白血病細胞がさまざまな臓器に浸潤すると浸潤した臓器の異常(肝障害や中枢神経障害など)が起こります, 検体の保存 当センターでは血液や骨髄液の一部を保存することをお願いしています, 図1.移植時病期(疾患リスク)別:急性白血病・骨髄異形成症候群の移植成績(2010-2019年)

最新新闻
热门新闻

中国健康世界网 All Rights Reserved 赣ICP备06006962号 邮箱:sheng6665588@gmail.com