低身長|日本小児内分泌学会

发布日期:2021-04-22 09:27 来源:网络整理 浏览量:
  • 低身長だけでなく性腺の発育も悪く、乳幼児期には筋緊張の低下がみられ、肥満や発達障害などの症状もあります, 成長曲線とは男女別にたくさんのこどもの身長や体重の記録を集めて、年齢別に身長や体重の平均値や標準偏差を曲線で示した表のことです,このような個性豊かなこどもの発育の中で、病院で治療ができる低身長についてお話します,子宮内発育不全で生まれたこどもの多くは3歳までに身長が伸びますが、身長の伸びがみられず、一定の条件を満たす場合には成長ホルモン治療を行うことがあります。

    お子さんの低身長が心配な場合は、早めのご相談をお勧めします,お子さんの身長の伸びが標準的な範囲( -2.0SDから +2.0SD )を大きく外れていなければ、通常はあまり問題ありません, (4)骨や軟骨の病気(軟骨無形成症・軟骨低形成症)

  • 相关新闻:
最新新闻
热门新闻

中国健康世界网 All Rights Reserved 赣ICP备06006962号 邮箱:sheng6665588@gmail.com